ビーグレンの美白シリーズに使われている「ハイドロキノン」

ハイドロキノンって日本では最近やっと使用を許可された成分だということなのですが、アメリカなどではもっと以前から普通に化粧品に使用されてました。

なんせシミを消してくれる効果のあるすごい成分ですからね。

そんな人気のハイドロキノンは、皮膚への刺激が強いということで日本ではずっと使用が許可されなかったんですが、2001年に規制緩和で厚生労働省が許可してくれて、今では日本でも一般に売られたり化粧品に配合されるようになりました。

美白効果が高いといわれているハイドロキノンは、他の美白成分と唯一違うのは、その漂白効果です。

ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分は、シミができるのを抑制する効果があるだけなのですが、できてしまったシミには効果はありません。

が、ハイドロキノンはできてしまったシミを漂白してくれるんです。

しかしハイドロキノンは皮膚への刺激性があるということで、化粧品などに配合するにはその濃度が重要になってきます。

濃度が高いとちょっと問題ですが、低ければ肌への刺激の心配はないんです。

(低濃度で低刺激といっても、かなりお肌が弱いという方は注意したほうがいいかもしれません)

ちなみにどれくらいの濃度かというと、

1%~3%くらいなら安心して使える濃度です。安心して使えますが、シミを消す効果は即効性には欠けるようです。

半年~1年くらいかけてじっくりケアすれば効果は感じられると思います。

5%くらいになってくると、少し刺激も強いので安易に購入して使うのは危険です。

今はネットでもハイドロキノンが買えるようになりましたが、5%くらいになるとだいたい美容外科やクリニックなどで使われるものになるので、使用するのにはきちんとした知識が必要です。

よほど自信があって全然問題なく使えるのよ!という場合以外では簡単には使わないほうがいいようです。

ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、ハイドロキノンの濃度は文字どおり1.9%で、安心して使える濃度です。

ただし、1.9なら即効性がないんじゃないの?って思うところですが、ビーグレンのすごいところはその浸透技術ですよね。

よそにはマネできない肌への浸透技術(QuSom)で、低い濃度でもより高い効果が得られるように作られています。

ビーグレンのホワイトクリームのおかげで、わたしの敏感肌もなんら刺激を受けることなく、8年来の大きくて濃かったシミが数か月の間にどんどん薄くなりましたよ^^