基礎化粧品って世の中にたっくさん売られていますが

コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分はたとえどんなに素晴らしい成分でもお肌に浸透しなくちゃ意味がないですよね。

今ではどこの化粧品メーカーも、お肌に浸透させるためにそれぞれの美容成分を ナノレベルまで小さくする技術があります!

とうたっています。

ですが、ナノレベルにするだけでは浸透しないってご存知でしたか?

実は、美容成分の中には水溶性のものもあるんですね。

ですがお肌のバリアは皮脂でできているんです。

脂は水を通さないんですよね・・・

だから、美容成分を小さくするだけでは皮脂バリアで守られたお肌の角質に届けることはできないんです。

それらの美容成分を、脂性のカプセルで閉じ込めるという技術で「リポソーム」というのがすでにあるのですが、

リポソームをつくるリン脂質はコストが高い面や技術的にかなり大変だったり、なにより安定感がなく時間が経てば壊れてしまうということから化粧品には向いてないと言われています。

そんななか、ビーグレンは新たに、お肌の皮脂に近い成分で作られたより小さ~いカプセルで美容成分を閉じ込めることに成功しました!

その、お肌の皮脂に近い成分で作られた脂性の小さいカプセルが、お肌のバリアをスルスルと通って角質層の奥まで行き渡るんです!

QuSome(キューソーム)という浸透技術です。

salon05

ビーグレンの開発したQuSomeはリポソームよりもさらに小さくて丈夫で、しかも敏感肌にもよりやさしい性質なんです。

また、浸透させるだけでなく、その小さいQuSomeカプセルに多種多様な美容成分を同時に閉じ込めることで、角質層の奥に一度に送り届けられます。

それまで肌の上に乗るだけしかなかった美肌の有効成分を、最も効果的に肌の深層部まで届けることができるようになったのです。

ビーグレンはその浸透技術QuSomeをそれぞれの化粧品に使っていて、どんな美肌成分もお肌の角質層深くに沁みこんでくれるのです。

実際に化粧品を使用してみて実感していますが、お肌に浸透してるせいか効果があらわれるのがとても早いんですっ

1ヶ月でシワが薄くなり、3ヶ月でニキビ跡がほとんどなくなり、シミが薄くなってきているのはその浸透技術のおかげなんですね^^

そのすごい技術である「QuSome」を開発したブライアンケラー博士のお話も別ページでご紹介しますね。