今年2014年のビーグレンクリスマスセールで特別プレゼントとしていただいた「リップビルダー」を使ってみました。

このリップビルダー、今までの唇を乾燥から守る「リップクリーム」とは違って、唇専用の美容液ということなんですね。

唇を乾燥から守るっていうのだけではなくて、唇そのものの持つふくらみや色、ツヤなどを「再生」させてくれるんですって!!

では体験レビューいきます!!

rip01
箱がなんだかすでにとってもリッチな感じですw

rip03

容器がこんな感じ。これもなんかめっちゃ素敵!

話がそれますがビーグレンの容器はどれもなんだかとってもオシャレなんですよね

4月に製品リニューアルして以来、容器にもこだわりが見えます。「いい女は持ってる化粧品の容器が違う!」的な(笑)

そして肝心の中身です↓

rip05

フタはひねって開けるのではなくてフタをそのまま引っ張って開ける感じです。
フタは固いのだけど、本体のほうのお腹部分(Lip Rebuilderと書かれてる部分)は容器がやわらいんですね。ここを押すと中からトロ~んと美容液が出てきます。

こんな感じでトロ~ン。でも結構濃厚なテクスチャです。どちらかというと少しコッテリ風のトロミのある美容液。

いかにも美容成分が詰まってます!っな感じ。

実際に塗ってみました。

rip06

よく今まで使っていた「リップクリーム」は固めで伸びが悪く、塗ると唇がひっぱれる感じなんですが、この美容液はトロ~ンとしてるので唇の上に優しく塗っても十分伸びるし唇の皮を傷めません。

濃厚なので塗ったら違和感あるかと思ったんですが全然そんなことはないですね。思ったよりベタベタしなくて、多めに塗れば多少べたつきますが気になるほどではないですし、やっぱりQuSome(キューソーム)技術で浸透していってるのか少し時間を置くとなじんでしまって唇がしっとりする感じだけが残ります。
すごい、いい感じ♪です。

唇がうるおってる。普通のリップクリームではここまで感じないですね。なんていうか、リップクリームは表面だけうるおわせるけどこのリップビルダーは唇の中に浸透するような感覚です。

実際、このリップビルダーは唇を内側から再生させるためにビーグレン独自の浸透技術QuSome(キューソーム)を使って作られているので、美容成分が唇の中まで浸透します。

美容成分が浸透して内側から働きかけることで、しぼんで色もくすんでしまった唇を内側からふっくらさせてツヤを取り戻し元気な色に再生してくれるんですって!

一般のリップクリームは唇の保護にはなるけど唇そのものは改善されないです。口紅もキレイな色に変身させることはできても落とすとまた元のくすんだ色にもどちゃいますよね。。。

でも、このリップビルダーを毎日使っていくとどんな変化があるんでしょうか?!!

毎日使ってみてまたクリスマスセールが終わるころにもう一度レビューしますね^^

※リップビルダーを1か月使い続けたリアルな感想はこちら→

b.glenビーグレン【公式ホームページ】→