昨日、ビーグレンからお知らせメールが届いてまして(購入者には必ず来るメールです)、なんと今月新商品を2点出すということです!

新しく美容液が2つ出るみたいですね。

それとともに、今のお悩み別トライアルセットが5種類から8種類に増えるということで、なにやらビーグレンがまた新しく進化してきたようです!

前回の商品大幅リニューアルが2014年4月でしたが、それ以来の大がかりなビーグレンの改革がはじまりましたね^^

ビーグレンから新しく発売される、ふたつのすごい美容液ってどんなの?

今回新しく発売されるのは「Qusomu(キューソーム)リフト」と「Qusomu(キューソーム)レチノA」という二つの「美容液」です。

それぞれの特設ページをのぞいてみました。まずは「Qusomu(キューソーム)リフト」美容液。

151001bglen02

この美容液は、マッサージするタイプのリフトアップ美容液だということです。

今もすでにビーグレンにはマッサージクリーム(フェイスマッサージクリーム)はあるんですが、何が違うかというとこの新しい「キューソームリフト」は、ローションの次に使う美容液であること。

表情じわだけでなくリフトアップにもとっても効果的と注目されている、塗るボトックス様原料である「アセチルジペプチド-1セチル」や、お肌に塗ると肌表面をピンと突っ張らせる効果があるクイックリフト(キサンタンガムクロスポリマー)などが配合されてます。

ビーグレン独自のリフトアップのためのシステムで作られた美容液ということです。

よその化粧品でも同じ成分を配合した化粧品はありますが、ビーグレンはこれらをビーグレン独自の浸透技術「Qsome(キューソーム)」を使ってお肌の真皮まで浸透させることができるので、効果はかなりなもんだと思いますね。

朝にこの美容液を使うとファンデーションのノリが全然違うらしいですよ。

そして、ふたつめ、個人的にはこっちがものすごく気になってます、「Qusomu(キューソーム)レチノA」美容液。

151001bglen01

なんとあの「レチノール」をピュアな状態で配合した美容液です!

しわに悩む人がたどり着く、しわに悩む人なら知っている成分っていうのが「レチノール」と言われてるくらいすごい成分です。

レチノールっていうのはビタミンA誘導体なんですが、これって化粧品に配合するのはとても難しくすごく扱いにくい成分で、化粧品に配合されていてもかなりの微量なんだそうですね。なのでレチノール配合って書かれてる化粧品のレチノール効果はほぼないに等しいってくらいだそうなんですね。

レチノール配合の化粧品で発売中止になったものもありますよね。お肌のターンオーバーを促進しすぎてどんどん皮がむけてきちゃってクレーム騒動になったとかで。

それくらい扱いが難しいレチノールを、しかもピュアな状態で美容液にしてしまったビーグレン。これはすっごく興味あります。

お肌のしわやたるみの原因は、真皮の中のコラーゲンがどんどん不足してきてお肌のハリを保てなくなることです。レチノールはそのコラーゲンを作る繊維芽細胞にしっかり働きかけて、コラーゲン生成にとっても効果的な成分です。

国内にレチノールを配合した化粧品は他にもありますが、どんなに安定化させて配合できたとしても角層までの浸透です。角層までということはお肌の表面(0.2mmの表皮のさらに一番表部分)っていうことです。

乾燥じわにはそれでも大丈夫かもだけど、ほんとに悩んでるのは「深いしわ」ですよね。それこそ眉間とかおでこのしわとかも含めて。

ビーグレンは独自の浸透技術「Qusomu(キューソーム)」で微小カプセルの中にピュアな状態のレチノールを閉じ込めて、カプセルごと真皮まで届けることができるので、レチノールの効果がお肌の内側から発揮できるんです。

かなりしわに効果あるんじゃないかなーって思いますね。おでこのしわや眉間のしわで悩んでる人は必見ですね。

Qusomu(キューソーム)リフトもQusomu(キューソーム)レチノAもどちらも今から発売がとーっても楽しみです!!

ビーグレン新商品について詳細【公式ホームページ】→